タクティクスオウガ攻略日記・その四

Lルート二章後半戦。

ウォーレンレポートを読みフランパ大森林へ。

「斜影の原」でドラゴンが大量に出現。
かなりしんどかったです。

フェアリー(今回はファミリアというらしい)も初登場。
SFC版ではディープキス要員として大活躍でしたが、今回はどうなんでしょうか。

「未踏の湿地帯」、「野獣達の水辺」ではアンデッドが出現。
特に「野獣達の水辺」は敵が全てアンデッドなのでイクソシズムが使えるクレリックを複数用意しましょう。

「風抜ける丘陵」でニンジャ、ソードマスターも確認しました。

レベルも上がったので本筋に戻りゴルボルザ平原へ。
冒頭の選択肢、ほとんど同じに見えますがここは「…あんた誰?」を推します。
ブラコンっぷり全開のカチュアに思わず心の中でツッコむデニムは必見。
なんかカチュアのキャラが壊れてる気が…。
そうでもないんですかね、もともと若干不安定なケのある人ですし。

容赦ないカチュア

ガズン涙目(笑)。
こういうギャグっぽいやり取りはこのゲームでは珍しいですね。

ここでニンジャの転職証を入手。
早速デニムをクラスチェンジさせます。
SFC版ではニンジャ至上主義の私でしたが、さて今回はどうなんでしょう。

ライムに進むと選択肢。
選んだ方によってぞれぞれ称号がもらえるみたいです。

町から出ようとすると戦闘。
久しぶりに登場のヴァイスに加え、アロセールも相手に。

カノープスはヴァイスと、プレザンス神父はアロセールとそれぞれ会話が発生しました。
特にヴァイスとのやり取りは面白いです。
本当にLルートのヴァイスは良いヤツだよなぁ…。
爽やか好青年って感じです。

うっかりクラスチェンジしたばかりのデニムは戦力外。
おかげでエラい苦労しました。
CHARIOTを駆使して薄氷を踏むような戦いを乗り切りました。

アルモリカ城に戻り三連戦。
城門前ではドラゴンとゴーレムを一斉に相手にするためかなり厄介。
依然デニムは前線に出せないため、影縛りの術などで支援に回しました。
リーダーの魔法もかなり痛いので要注意です。

城内ではカノープスを高所に乗せて移動砲台に。
敵リーダーはテラーナイトですが、ナイトに比べれば防御面が弱い分倒しやすいです。
城門前の戦闘よりは難易度低めの印象。

そして二章のラスト、レオナール戦。
一応ライムでアロセールには手を出さずにヴァイスを撤退させたのですが、ここでヴァイスと一緒に助っ人に現われてビックリ。
確かSFC版には無かった展開ですよね?

という訳で四対一。
数だけで考えると楽勝なんですが、デニムは依然レベルが低く1ダメージしか与えられない状況。
頼りはヴァイスとアロセールなんですが、ヴァイスは中途半端な距離を取ってウロウロ。
何がしたいねんお前。

カチュアは効きもしないのにスピリットサージ撃つし。
攻撃魔法を覚えさせたのがアダになりました。
そんな暇あるなら回復してよ姉さん!

てな感じでかなりの長期戦になりました。
結局ヴァイスのレンディングゲイル(二発中一発しかヒットしない)とアロセールの弓(ダメージ10前後)でチクチク削ってどうにか勝利。
ある意味今までで一番キツいステージでした。
アロセールがいないと危なかったかも知れません。
でもこういう形で登場したということは、彼女も仲間になるんでしょうかね。
SFC版ではLルートで仲間に出来ないキャラの代表でしたけども。

散り際、自分が全ての汚名を被ると言うレオナール。
お世辞にも「騎士」とは言えない振る舞いではありましたが、この人はこの人で確固とした信念の持ち主でしたね。
少なくとも公爵よりは遥かに立派な男でした。
…老け顔なのはやっぱり苦労してるからでしょうかね(笑)。

以上で二章の攻略は完了。
今回の教訓はクラスチェンジのタイミングはよく考えて、ってことでしょうか。
それから戦闘中の会話イベントも増えてるみたいなので、なるだけユニークキャラを出撃させることにします。
関連記事
FC2 Management

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊万里

Author:伊万里
西の方出身。東の方棲息。
漫画アシスタントなどを生業としております。
↓HPも運営中。
Obsidian Heart - オブシダンハート
不定期更新。ブログよりはまともなイラストを公開してます。

pixivスライドショー
pixivプロフィールバナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
応援バナー
ランス9 ヘルマン革命
RSSリンクの表示